ニュース

KYOCAデザインコンペ結果発表

京果会館は、昭和45年に京都の台所を支える京都市中央卸売市場に隣接して誕生しました。

その後40数年が経過したビルは、老朽化のために一旦は取り壊されることになっていました。

しかし、平安京の入口であり、今後の京都においても重点開発地域の真ん中に位置するこのビルは、

京都、そして日本にとって再び重要な拠点となるべく、オーナーである京都青果合同(株)の存在も生かしながら、

リノベーションすることとなりました。

京果会館リノベーションプロジェクトでは、地域の人々や周囲の人々を巻き込んで、KYOCA Food Laboratoryを

共につくりあげていきたいという想いからデザインコンペを開催させていただきました。

《 概 要 》

テーマ   FOOD (食)

応募期間  2014年3月14日(金)~4月22日(火)

最優秀賞  実際にKYOCA 2F Ichibaの壁面にペイントしていただきます。

主催    京果会館リノベーションプロジェクト

《 入 選 

石本  昭子 様     石垣  香里 様     佐藤  紘子 様     田代  貴子 様

                                         ( 五十音順 )

今回、1ヶ月という短い期間の中で、さまざまなFOODの絵が送られてきました。

このコンペで皆さまの食や地域への温かい思い、願いなどを感じることができました。

KYOCAという場が、そのいろいろな思いや願いをつないでいき、新しいものを生み出す機会を提供できれば、と思います。

ご応募いただいた全ての皆さま、今回はご参加いただき、誠にありがとうございました。