一緒に食べものを考え、行動したい
テナント・入居者を募集しています
広がる暮らし、つながる関係性。
食とデザインのラボラトリー。

STORY

京果会館は、昭和45年に京都の台所を支える京都市中央卸売市場に隣接して誕生しました。

その後40数年が経過したビルは、老朽化のために一旦は取り壊されることになっていました。
しかし、平安京の入口であり、今後の京都においても重点開発地域の真ん中に位置するこのビルは、京都、そして日本にとって再び重要な拠点となるべく、オーナーである京都青果合同(株)の存在も生かしながら、リノベーションすることとなりました。

全国の青果物とその魅力を紡ぐ人々が、「食とデザイン」をテーマに集い、学び、暮らせる場“KYOCA FOOD LABORATORY”として生まれ変わります。

“KYOCA FOOD LABORATORY”1Fには市場から届く新鮮な食材のレストラン、2Fにはこだわりの専門店、3Fは、食や地域に関する学びの場として、ワークショップやイベントで人が集い、紡いで行く場。レジデンスとなった4~5Fでは食に関心のある方々が事務所にしたり住まうこともできます。

日本料理の歴史を見守って来たこの地から、新しい食卓を提案する。私たちの誇りである食文化を、世界へ、未来へつなげる複合商業施設です。

Kyoca Kaikan was built in 1970 adjacent to Kyoto Central Wholesale Market which is the backbone of Kyoto’s kitchens.

Not long ago the 40-year old building was set to be demolished because of its age. But since it lies at the gateway to the oldest part of the city and also at the heart of Kyoto’s future development zone, it was decided that the building should be renovated instead, bringing new life to its owner which is the Kyoto Seika Godo Co., Ltd. and becoming once again an important location for Kyoto and for Japan.

The building’s new incarnation as Kyoca Food Laboratory will be a venue for fresh produce from all over Japan and for the people that love fresh ingredients to come together, living and learning under the theme of Food and Design.

The ground floor of Kyoca Food Laboratory will house restaurants serving fresh healthy food straight from the market, while upstairs will be unique specialty shops on 2 and space for food-related workshops and other events on 3. Residential space on 4-5 can be used as offices or homes by people with an interest in food.

From the city that has witnessed the entire history of Japanese cuisine will come new ideas for Japan’s dinner tables. Kyoca Food Laboratory is a mixed-used facility that will bring Japan’s glorious food culture to the rest of the world and to the future.